尿酸値を下げる=痛風にならない

尿酸を下げるサプリ&生活ガイド|痛風予防・改善のススメ

健康診断などで尿酸値が高いと、やっぱり一番気になるのが「痛風」ですよね。

 

おそらく尿酸値が高い方の多くはビール好きでしょうから、ビールが最大の敵ともいわれる痛風になってしまうのは考えただけでもつらい。

 

おそらくあまり痛風をご存じないという方は少ないおもいますが一応説明すると、こんな感じの病気です。

 

大人を泣かせる病気「痛風」

痛風とは、体にたまった尿酸が固まり、関節炎を引き起こす病気です。尿酸値が高い状態(高尿酸血症)が続くとなんの前触れもなく、足の関節や親指の付け根が赤くはれ、悶えるような激痛が走ります。この痛み、私の知人は「神経を直接のこぎりで切られる感じ」という世にも恐ろしい表現をしています。痛風はそのままほっておくと、尿管結石や肝臓が悪くなるなどとも言われています

いかがでしょうか?
ビールが飲めないのもさることながら、その痛み聞くだけで恐ろしい病気です・・・
そんな痛風にならないためにはやはり重要なのが尿酸値。
痛風にならないためには「上がってしまった尿酸値を下げ、下げた尿酸値をいかに上げないか」ということが大切なのです。
そこで尿酸値が下げ、上げない方法をご紹介します。

尿酸値を下げ上げないための方法

尿酸を下げるサプリ&生活ガイド|痛風予防・改善のススメ

それでは早速痛風予防を紹介していく訳ですが、まず尿酸値が9mg/dL以上の方、8mg/dL以上で尿路結石・高血圧の方でまだ病院に行かれてない方は即座に行ってください。
3.8〜7.5mg/dLが尿酸値の平常値で、尿酸値が9mg/dL(尿路結石・高血圧は8mg/dL)から「尿酸生成抑制薬」や「尿酸排泄促進薬」などの予防薬での治療が行われます。
痛風は薬で発作を抑えることができる可能性が高い病気ですから、必ず9mg/dLを超える方は病院にいって治療を受けましょう。

 

尿酸値を下げる成分「アンセリン」を摂取する

「アンセリン」とはペプチドの一種でマグロやカツオ、サケなどに多く含まれています。

 

実際DHAがアンセリンを尿酸値の高い(7ml/dl〜))の成人男性6名に投与したところ、尿酸値が低下したことという結果が出ています。

 

また尿酸下降薬とアンセリンを併用した実験も行われています。
この実験によれば尿酸下降薬を使用中の痛風の方21人に対してアンセリンを投与し1〜3ヶ月即指定した結果、こちらも2週間を経過したあたりから血清尿酸値が下がりはじめることが分かりました。

 

この2つの実験結果を見てもわかる通り、アンセリンは尿酸値が高いけどまだ治療する段階ではない方でも、すでに病院で尿酸値を下げる薬を飲んでいる方や痛風治療を行っている方にも効果的だということです。

 

このアンセリンは継続して飲み続けることで、尿酸値を下げる効果を発揮します。

 

ですがマグロやカツオを毎日飲み続けるわけにもいきませんから、継続するなら「サプリメント」がオススメです。

尿酸値を下げる「アンセリン」が入ったオススメサプリ2選

恵葉プレミアム

尿酸を下げるサプリ&生活ガイド|痛風予防・改善のススメ

1本

7,980円(送料別)

3本

19,800円(送料込)

6本

38,400円(送料込)

純度の高いアンセリンをふんだんに使っているサプリメントがこちらの「慈凰」アンセリンのサプリの中でも含有量も非常iに豊富です。
また実際に痛風の炎症を抑える効果や免疫力を高めるキャッツクロー、尿酸値が上がる原因のプリン体の分解を抑えるケルセチンなども配合されており尿酸値を下げる、痛風予防サプリとしてはかなり優秀。
サプリを実際に飲み始める場合、前述した実験ではアンセリン服用後2週間を過ぎたあたりから尿酸が下がりはじめるとありましたので、まず一カ月試してみて、尿酸値の変化を一度確かめてみることをおすすめします。

 

 

食事にアルカリ性食品を取り入れる

アルカリ性食品。あまり聞きなれない言葉かもしれませんがこのアルカリ性食品こそ痛風を助けてくれる力強い味方。
尿酸はアルカリ性の尿では溶けやすく、逆に酸性の尿では溶けにくいという性質があります。
ですから尿をアルカリ化させ、より多く体外へ排出するためにアルカリ性食品をとることは痛風を予防するために進められています。
ではどういったものがアルカリ性食品かといわれると、「野菜」「海藻」「キノコ」などがあげられます。
※「果物」もアルカリ性食品ですがショ糖が含まれるのでお勧めしません。

 

尿酸を下げるサプリ&生活ガイド|痛風予防・改善のススメ

特にアルカリ度の高い食材は「昆布」「シイタケ」「いんげん」「ほうれん草」、その中でも昆布はダントツでアルカリ度が高いのでおすすめです。
昆布はアルカリの王様といわれるくらいで、スーパーなどでよく見かける乾燥昆布(100g)あたりには2,700r〜3,000rのナトリウムが含まれています。
肉、穀物や米などは酸性が強い食品ですから、ちょっと食べすぎたかなとおもった翌日はぜひ昆布のサラダやお味噌汁を飲んで体内にたまった酸を中和させましょう。昆布に限らず意識的に食事にアルカリ性食品を取り入れてみることを心がけてみてくださいね。

 

水分をしっかり摂る

水分を多くとる理由は、尿をたくさん出して尿酸の排出が目的です。
一日2リットルの尿を出すことが目標で、そのためには一日2〜2.5リットルの水分補給が必要です。
ただし、ジュースや清涼飲料水はダメ!
スポーツドリンクもNGです。
ショ糖は尿酸生産、肥満につながるので避けましょう。
やはりが理想的です。

 

尿酸を下げるサプリ&生活ガイド|痛風予防・改善のススメ

コーヒーは利尿作用が高く、4杯以上飲むことで尿酸の減少が確認されているのでオススメです。
ただし砂糖はいれず、脱水症状にならないように水分は水も併せて飲みましょう。

週3回程度の〇酸素運動

>

この〇は「
週3回程度軽い有酸素運動を行うことで尿酸の上昇を防ぎます。
有酸素運動は、ジョギングやウォーキング、サイクリングなどが代表的。
ただし痛風予防は有酸素運動に限ります!
無酸素運動は逆に尿酸値を急激に上昇させるので注意が必要です。
無酸素運動は筋トレや短距離走などがあげられます。
ですから、痛風予防するをするなら週三回ほど家の回りをウォーキングするなど継続的に有酸素運動を実践してみましょう。

 

当サイトは尿酸を下げる方法を当サイトは紹介しています。なぜ当サイトが尿酸値を下げる方法を紹介しているかというと実は管理人の実体験が深くかかわっているのです。管理人はまだ30代前半です。痛風の歳ではないですよね。私自身もそう思っていました。さまーずの三村さんが「痛風いてー」なんていいうのに爆笑していました(笑)そんなとき、会社の健康診断が行われました。いつものように面倒くさいなーなんて思って検査を受けたんですが、その結果を見て驚愕しました。なんと尿酸値が8を超えていたんです!!ちなみにバッチリ再検査・・・病院に行くと先生から「このくらいの尿酸値だと薬をのっむほどではないけどそろそろ意識的に下げるような健全な生活したほうがいいですよ」と嫌味をチクリ。「このままじゃ痛風間違いないですね」なんてことも言われました。私は大のビール党。何よりもビールが好きです。ビールを飲めなくなるなんて死活問題の私。ですからなんとか尿酸値を下げる努力をしなければとおもい、インターネット調べましたがどれも「生活を改善して尿酸値を下げる」とか「痛風予防のための正しい食生活」とかばかりでなかなかハードルが高い。また「禁酒」をすすめるサイトが多くありましたが、私はビールを飲みたいために予防をはじめるのであって禁酒は断固拒否。そんなある論文を読んだときアンセリンのことがかかれていた。アンセリンの研究実績は多数あり、どれも尿酸値を下げる効果を実証していました。ですから私もアンセリンだとおもい実際に飲み始めました。私が購入したのはやっぱり「サプリ」。サプリであれば手軽に摂取することができますから一番いいかなと。そこで買ったサプリが慈凰と恵葉プレミアムです。どちらのサプリも値段が高めですが効果は絶大。この2つのサプリを飲み始めてすっかり私の尿酸値も下げることができました。サプリさまさまです。最近も健康診断があったのですが、サプリのおかげでバッチリ尿酸値を下げることができました。ですから痛風の方や尿酸値が高い方にぜひお役に立ててほしいとサイトを立ち上げました。サプリ以外にも私が実践した方法で尿酸を下げる効果がたかかったもののみを紹介しています。当サイトにお越しいただきました方の少しでもお役に立てれば幸いです。